読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

池袋からテイクオフFIRST AIRLINES(ファーストエアラインズ)に乗ってきた

f:id:hackstudent:20170128145114j:plain

(画像引用:SERVICE【サービス】 - FIRST AIRLINES

 

2016年12月8日、飛行機好きにとって面白いサービスがローンチされました。

 

なんと地上にいながら、飛行機のファーストクラスやビジネスクラスのサービスを体験できてしまうのです。

 

そのサービスおよび施設は「First Airlines(ファーストエアラインズ)」という名前で池袋にて営業を行っています。

 

そこでこれは一度体験しておかなければと思い、サービスの紹介と後日実際に予約して行ってきましたのでその体験をご紹介させていただきます。

 

 

 

First Airlinesとは

 

f:id:hackstudent:20170128150626j:plain

(画像引用:SERVICE【サービス】 - FIRST AIRLINES

 

まず、First Airlinesのサイトはこちらになります。

firstairlines.jp

 

トップ画面には

 

池袋に国際空港オープン
ファーストクラスに乗って世界を巡る旅を

 

と書かれています。なかなかレイアウトも凝っており、外資系航空会社の残念な日本語サイトよりもいいのではないかと思います。

 

 

f:id:hackstudent:20170128151538j:plain

下にスクロールすると、この施設のコンセプトが書かれています。

 

concept

 

本物の航空体験をお届け

 

FIRST AIRLINESは、地上にいながら航空・世界旅行の体験を味わうことのできる

世界初のバーチャル航空施設です。

およそ100分のフライトの中で、NY、パリ、ローマ

様々な国の様々なアクティビティを五感を使い、楽しみながら

現地料理にあわせ、一流のシェフが趣向をこらした機内食をお楽しみいただけます。

 

日常生活を離れて、人はいつでも旅をすることができる。

視覚、味覚、触覚・・・上質な刺激と航空ならではのおもてなしで

「地上の空の旅」を、ぜひお楽しみください。

 

FIRST AIRLINES

 

 

実際にファーストクラスやビジネスクラスとして使われていた座席を使いビジネスクラスやファーストクラスで提供されるような趣向を凝らした機内食を提供し、VR(バーチャルリアリティ)技術を使うことで、まるで飛行機に乗って旅をしているかのような体験ができるそうです。

 

ホームページには紹介動画を見ることができ、VR未体験なのでヘッドマウントディスプレイでどのような体験ができるのか楽しみです。

 

それでは予約、搭乗から到着、解散までひとつずつ見ていきたいと思います。

 

 

予約

 

ホームページのトップ画面から予約をすることができます。

f:id:hackstudent:20170128163131j:plain

画面中央下にある「ご搭乗予約はこちら」もしくは右上の「ご予約」をクリックします。

 

f:id:hackstudent:20170128163402j:plain

するとこのようなカレンダーの画面が出てきます。

 

First Classが8席、Business Classが4席の12席です。

 

希望する日付にカーソルを持っていくと、

f:id:hackstudent:20170128164135j:plain

このように空席情報が表示されます。

 

運休日(定休日?)は毎週月曜日で曜日ごとに就航都市が異なっています。

 

現時点での就航都市はニューヨーク(火・金)、イタリア(水・土)、フランス(日・木)となっています。イタリア、フランスは都市というより国名ですが。

 

基本的に1日2フライト で、早い便が17:50-19:30、遅い便が20:00-21:40となります。1回のフライトは100分となっています。

 

基本料金は

First Class                6,600円

Business Class         6,200円

 

なのですが、オープンを記念して今キャンペーンを行っており

 

First Class                6,600円⇒5,980円

Business Class         6,200円⇒5,500円

 

となっています。

 

ちなみにFirst ClassとBusiness Classでサービスや料理の違いは全くなく、座席が違うだけのようです。料金にはサービスドリンクが含まれています。

 

f:id:hackstudent:20170128165256j:plain

(画像引用:SERVICE【サービス】 - FIRST AIRLINES

 

ただ一連の体験後にミニラウンジを使うことができるのですが、そこでの軽食やドリンクは有料となります。

 

私個人としては、ちょうど空きがあった日がフランスの就航日でしたので、予約してみました。

 

シートはターキッシュエアラインズ(トルコ航空)のエアバス310型機(A310)と340型機(A340)で使われていたもので、これは現役で使われているようなフルフラットであったり、個室タイプのものではありませんが料理は期待できると思うので楽しみです。実際に寝るわけではありませんからフルフラットや個室である必要は全くないんですけどね。

 

またサービスも実際にファーストクラスに乗務していた客室乗務員が監修しており、実際にサービスを行ってくれる方もCAを目指されている方のようです。これは期待できますね。

 

いよいよ搭乗

さて、いよいよ搭乗の日となりましたので池袋へと向かいます。パスポートは不要です。

 

f:id:hackstudent:20170212085345j:image

 

池袋の空港コードがIKBとなっています。

 

搭乗券です。

 

f:id:hackstudent:20170212091818j:image

 

本日の旅程はパリ、シャルルドゴールまでです。

 

f:id:hackstudent:20170212091919j:image

 

f:id:hackstudent:20170212085552j:image

 

VRの説明書きや注意事項なども凝った作りになっています。

 

f:id:hackstudent:20170212085702j:image

 

離陸の映像も画面に流れるのですが、明らか羽田空港でした(笑)

 

離陸後はVR体験が始まります。

 

f:id:hackstudent:20170212085821j:image

 

VRは初めて体験したのですが、360度の仮想空間が広がっており、技術としてはかなり感動しました。たた、いくら調整しても少しピンボケしているような気がして慣れないと気持ち悪くなるかも知れません。

 

VR体験の後は食事がサーブされます。

 

f:id:hackstudent:20170212090415j:image

 

ドリンクメニューはたくさんあり、そのうち数種類が一杯目無料でいただけます。

 

f:id:hackstudent:20170212090752j:image

 

飲み物は赤ワインを頼みます。

 

f:id:hackstudent:20170212090441j:image

 

前菜、サーモンのタルタルです。

 

f:id:hackstudent:20170212090812j:image

 

スープと続きます。ごぼうのスープとなります。

 

f:id:hackstudent:20170212090832j:image

 

ちなみにシートのバックルからターキッシュエアラインズで使われていたものであることがわかります。

 

f:id:hackstudent:20170212090845j:image 

 

メインのチキンです。チキンのテリーヌ。

 

f:id:hackstudent:20170212090945j:image

 

冷製でしたのと、ソースが好みのものではなくあまり美味しくはありませんでした。

 

フランス料理は難しいですね。

 

f:id:hackstudent:20170212092306j:image

 

食後にはコーヒー若しくは紅茶がいただけます。またデザートもサーブされました。キャロットケーキだそうです。

 

f:id:hackstudent:20170212092353j:image

 

この後は機内販売などがありましたが、比較的すぐにランディングです。

 

f:id:hackstudent:20170212092442j:image 

 

さいごに

 

かなり面白い試みだと思いますし、全体的に楽しめたのですが、正直一度行けば充分かなとも思いました。

 

リピーターを増やすのは難しいと思いますが、それこそマイレージプログラムみたいなものを作るなどの工夫が必要なのかも知れないなと思います。完全にアイデアベースですが、ファーストエアラインのマイルを貯めて、上級会員になれば特別なディナーにご招待とかであればもっと面白いと思います。