スポンサーリンク

アシアナ航空A380に乗るために成田-仁川の航空券を発券

アシアナ航空A380成田線就航を発表

 

つい先日ですが、アシアナ航空が2017年10月29日から超大型機A380を仁川-成田線に再投入することを発表しました。

 

f:id:hackstudent:20170918004331j:plain

(画像引用:ASIANA 380

 

A380とはエアバス社の製造する総二階建ての旅客機の事で、エミレーツ航空A380を含めてその広い空間を存分に活かした機内の設備は世界中の航空ファンを魅了しています

 

続きを読む

エアカナダAC735便でトロントからサンフランシスコまで

AM6:30のエアカナダAC735でトロントからサンフランシスコに向かいます。

 

f:id:hackstudent:20170821141119j:plain

 

空港ヘは何時間前に行けばいいのか知らなかったのですが、アメリカへの入国審査も行うはずなので、2時間前には着くようにしました。

 

ですので現在はAM4:30前となります。前日に寝たのは結局2時前とかですので眠いはずです。

 

続きを読む

トロント空港からナイアガラの滝まで往復

トロント空港に着いてナイアガラの滝に向かいます。

 

空港からナイアガラの滝までの交通手段は以前記事にしました。

 

airnavi.hatenablog.com

 

 

今回は、旅費を切り詰めるためにUPエクスプレス→メガバスという流れでナイアガラの滝まで行きましたが正直言うと、ナイアガラエアバスを使ったほうがいいのではないかと思いました。それほど荷物を持っての乗換がきつく距離がありました。

 

今回トロント空港では、大きな荷物はピックアップする必要はなく、次の目的地であるサンフランシスコまで通しで預けているのですが、背負っているリュックサックはパソコンやロンドン泊およびトロント泊の着替えが入っているため重く、これを持ったままナイアガラの滝までは行きたくありません。

 

続きを読む

ヒースロー空港周辺のホテルアクセスとイビススタイルズ・ロンドンヒースロー宿泊記

f:id:hackstudent:20170821131452j:plain

 

空港税が高い、入国審査に時間がかかる、空港内部が複雑などいい評判を聞かないヒースロー空港ですが、日本からロンドンに行く場合は利用せざるを得ないのが実情だと思います。

 

ただ、周辺のホテルに関してはそこまで料金も高くなく無料のバスを使っていけるホテルもいくつかあります。

 

そこで今回はヒースロー空港周辺のホテル事情について取り上げ、その中でも今回実際に宿泊したイビススタイルズ・ロンドンヒースローについてレポートしたいと思います。

 

続きを読む

ルフトハンザLH2482便でミュンヘンからロンドンヒースロー空港まで

f:id:hackstudent:20170821131006j:plain

 

ミュンヘン空港に着きました。

 

f:id:hackstudent:20170821130211j:plain

 

ここからはロンドン、トロントと24時間以内の乗り継ぎを行い、サンフランシスコまで向かいます。ミュンヘン空港は主にワンワールドスカイチーム利用の場合ターミナル1が使われており、ルフトハンザなどのスターアライアンス利用はターミナル2を利用します。

続きを読む

ミュンヘン観光でソーセージから美術館まで

ミュンヘンに2時間遅れで到着しましたが、まだ朝の8時なので観光をするには充分です。ただ19:25発のルフトハンザLH2482便に乗るために17:30には空港に到着しておきたいところです。

 

中央駅にはロッカーがあり、6ユーロで利用することができます。空港まで電車でもバスでも行くことができるミュンヘン中央駅で荷物を預けるのは日帰り観光には良さそうです。

 

f:id:hackstudent:20170821125429j:plain

 

あとで記すBMW Weltにもロッカーはあり無料で利用することができます。ただ単純往復するとひとり5.6ユーロかかるため、一日券を買う場合やBMW Weltから直接空港に行く場合でなければ意味はないでしょう。

 

続きを読む